日本とアメリカのバレンタインデイ

もともとバレンタインデイは女性から男性にチョコレートをプレゼントするものだけれど、アメリカではまったく違うんですよね。
アメリカでは男性から女性へプレゼントをします。
プレゼントはチョコレートに限らず、バラや風船、アクセサリーなどをプレゼントする習慣となっているそうです。

日本とはまったく逆なことに驚きました。
また、日本の様に義理チョコなどというものは存在しません。
日本ではいつから義理チョコというものができたのでしょうか。

私が子どものころは無かった様な気がします。
そして、今となっては友チョコなどもありますから、どんどんバレンタインデイの意味がずれてきている様な気がします。

そして、もちろんアメリカにはホワイトデーというものは存在しません。
お返しをする日なんてものは、設けられていないのです。
ですから、アメリカ人にホワイトデーといっても何のことかきっとわからないでしょう。

日本では多くの女性がバレンタインデーの為に大金を使っているといいます。
本命には高額な輸入チョコレートやブランドチョコレートを購入して、義理チョコも数が多いので平均は1万円以上がかかるといいます。

無理にやる必要性があまりわからないけれど、もう日本の当たり前になってしまっているようですね。

私は現在は職場にも男性はほとんどいないし、職場自体がバレンタインをお互いにやる感じではないので、とくに義理チョコなどの準備をしません。
以前の職場でもみんなで決めてやるようなことが無かったので、義理チョコを渡したことがないのですが、皆さん大変そうだなって思っています。

»