インターネットショッピングにおける魅惑の送料無料について

この前、インターネットで洋服を買いました。
洋服を買ったのはかなり久しぶりです。
もしかしたら、今年の冬初めての買い物かもしれません。

何気なくインターネットで洋服を見ていて、ついポチリしてしまいましたが、久しぶりの買い物になんだかテンションが上がりました。
買い物って一種のストレス発散になりますね。
仕事と家の往復で、特にこれといって変わった出来事もなく、平凡な毎日を送っていたので、知らず知らずにストレスが溜まっていたのかもしれません。

今回は、以前に一回だけ利用したことがあるサイトで買い物をしました。
すごく安くて、割と品質も悪くなかったし、このサイトなら大丈夫かな、と思ったので。
まず買い物かごに入れたのは長めのチェックのシャツで、2500円位でした。

8000円以上の買い物でないと送料が500円かかるので、他にも欲しいものがないかいろいろ見てみました。
いつも思うんですけど、この「いくら以上なら送料無料」システムって、思いついた人賢いですよね。
あとちょっとで送料無料になるって思ったら、特に欲しくなくてもあと1着買ってしまうのが人間の心理だと思います。

他にも欲しい服が何着か見つかったので、追加でポチリしましたが、それでも7500円にしかなりませんでした。
あと500円・・・。
でも、いくら探しても他に欲しいものが見つかりません。

しまいには面倒くさくなって、諦めました。
送料無料を目前に、ポチリしてしまいました。

なんだか損した気分です。
でも、そもそも500円で買える服なんてないし、無理して変な服買って送料無料にしたところで絶対その服着ないし。
むしろ送料無料マジックに引っ掛からなかった自分、エライ!と、無理矢理自分に言い聞かせました。

«
»