痛ましいニュースを見て思うこと

朝、出勤の準備をしながらテレビのニュース番組を見るのが日課なのですが、最近残酷で痛ましいニュースが多く、朝から滅入ってしまうことがあります。
芸能人のゴシップなんかだと気軽に見れるのですが、犯罪や災害のニュースだと、気分が落ち込んでしまいます。

先日、小さな子供にDVをして逮捕された父親のことがトップニュースとして流れていました。
事件の概要や容疑者の顔写真、生まれ育った環境など、割と詳しく報道されており、思わず見入ってしまいました。

容疑者である若い父親は無職で、少し前に奥さんへのDVで逮捕されていました。
そして今回、1歳にもなっていない幼い子供に虐待をして、再逮捕されたようでした。
なんとも痛ましい事件です。

こういう悲しい事件が起きると、自分だったらどうするかあれこれ考えてしまいます。
今回の事件を知って、自分が容疑者の奥さんだったらどういう行動を取るか?と考え込んでしまいました。

私だったら、自分が暴力を振るわれた時点で離婚を考えるだろうな、とか、でも離婚しようにもできない事情があったのかもしれないな、とか。
当事者の立場に立って考えてみると、色々な考えが頭をよぎります。
でも、やはり子供に被害が及ぶ可能性があるなら、あらかじめ対策を取るべきだったのではないかと思いました。

様々な事情があるのでしょうし、一概に言えることではありません。
日々色々な事件が起こっているし、事件の数だけ深い事情があるのだと思います。
でも、やはりそういう痛ましい事件を耳にすると、何とかならなかったのかな・・・と思いを巡らせてしまうのです。

«
»