職場で流れているラジオ番組

うちの職場では仕事中ずっとラジオが流れているのですが、この間一日中卒業ソングが流れていた時がありました。
そっか、卒業式シーズンか・・・と思い、一曲一曲に耳を傾けながら聞いていました。
最近の曲もあれば、昔からのおなじみの曲なんかも流れたりして、なかなか楽しめました。

私はラジオをめったに聞かないので、職場で耳にするラジオの音はちょっと新鮮だったりします。
学生の頃よく聴いていた番組が流れて、まだやってるんだこの番組!と感心したり。
が、この職場のラジオ、電波の受信が不安定なのかよくわかりませんが、たまに混線します。
いろんな放送局の音が混じったり、砂嵐のような「ザー」という音が延々続いたり。
そうすると、誰かがラジオをいじって、うまく受信できるチャンネルに合わせます。
不思議なことにそういう時はだいたい、変なチャンネルしか受信できません。
お経だか呪文のようなものが延々流れているチャンネルだったり、某のど自慢だったり。
他の人はもくもくと仕事をしていて気にならないようですが、あまりにシュールなその光景に、笑ってしまいそうになります。
この間同僚にこの話をしてみました。
「うちのラジオ、たまに変な番組ずっと流れてますよね」
私がそう言うと、同僚も「そうなんですよ!私もずっと気になってました」と、密かに気にしていたようでした。
ああ、私だけじゃなかったんだな、とちょっぴり安心。
同僚曰く、のど自慢が結構な音量で流れてたりすると、取引先との電話中に相手側に聞こえてしまわないか気が気でないとのこと。
のど自慢、私は結構好きですが、たしかに仕事の電話にはふさわしくないBGMですよね。
今後、シュールなBGMによって、仕事が手につかないなんてことがなければいいのですが。
そのためには、ラジオ君にはもうちょっと電波をうまく受信できるようにがんばってもらわないと。

お肉の直販も卸から
高品質の精肉を食肉卸が提供
良質な精肉を厳選して加工・配送する東京の精肉専門店の公式ホームページ
meat-kimura.co.jp/

«
»