雪の日の一番印象深かったこと

また雪が降りましたね。
こんな雪の深い日には、ちょっと昔の事を思い出します。

もう10年以上も前ですね。私が中学2年生だった頃、
とある雪の日の学校の敷地内に忍び込んだんです。

その日は夕方から雪が降り始め、すぐ止むかと思ったら夜まで降り続けたんです。
部活の生徒もみんな帰る時間を過ぎても雪は降り続け、気が付けばもう10時過ぎ、
未だにぼたん雪は窓の外を舞っていました。

子供でも犬でもないんですけどね、ちょっとテンションが上がっちゃって、
いつも以上の厚着をして外に出てみたんです。
一面の銀世界、ちょっと明るい夜の世界、誰もいない世界、
私の経験したことのない世界がそこには広がっていました。

徒歩で10分もかからない場所にある中学校へ歩いて行きました。
途中の自販機で缶コーヒーを買って。

学校のグラウンドに着くと、足跡一つ付いていない銀世界が目の前一面に広がっていた。
グラウンドというレフ板が照らし出す見慣れた校舎、
いつもは人で溢れかえっているのに、その気配の全くしない学校。

少し冷めた缶コーヒーが体の隅々にまで染み渡り、
耳にはめたイヤフォンからは流行りのウインターソングが流れる。

その場に腰を降ろしどれくらいの時間が経ったのでしょうか。
気が付くと家を出た時より遥かに肌寒く感じ、足早に学校を後にしました。

帰り道でまた缶コーヒーを買い、ポケットに入れたまま真っ直ぐ家に向かう、
耳元で鳴る音楽と自分がリンクした瞬間でした。

そんな、雪の降る日を楽しんでいた中学時代。
毎年、今日みたいな雪の降る日は
あの日の事を思い出したりします。

精肉加工肉がそろう
東京の食肉卸業者
東京都内の食肉卸業者です。食肉の仕入れ先としてお役に立ちます。
meat-kimura.co.jp/

«
»