バレンタインデイを楽しむ娘

今年もバレンタインデイがきますね。
大人になって、結婚してからは夫と父にしかチョコレートをあげていないけれど、娘が出来て、娘が幼稚園生になったころから、いっしょにチョコレート作りをしています。
私が子どものころは無かった友チョコですが、今の子たちにとっては当たりまえで、沢山のお友達に配るのを楽しみにしているみたいです。

子どもにとっては、チョコレートそのものを作ることよりも材料を買いに行ったり、ラッピングを選んだりすることの方が楽しいみたいですね。

そして何より楽しいのはデコレーションです。
我が家ではチョコレートマフィンを作ることが多いのですが、それを作る過程よりも何よりもその上にデコレーションをするのが楽しいみたいです。

さらにのこったデコレーション用のチョコレートなどを食べるのが大好きなので、入りもしないのに大量のアイテムを購入しています。

今は学校にチョコレートをもっていくのを禁止されているので、一度家に帰ってから友達の家に配りに行ったり、校庭で待ち合わせしてあげたりするようになるけれど、そんな時間も楽しみのひとつなんでしょうね。

今年は仲良しの男の子にもプレゼントすると話している娘。
どんなふうに渡すのか、こちらがドキドキしてしまうけれど、意外とあっさりしていてまだまだ可愛い感じみたいです。

小さな男の子たちが自分もバレンタインにチョコレートをもらうんだと話しているのを聞いて、とっても微笑ましくなりました。

»